• 宗瑞 允暉(むなみず みつてる)

できる営業マンになるためのセルフイメージの創り方

最終更新: 2019年12月28日

なぜ同じ商品やサービスを扱い、同じ営業研修を受けても成果の出る人とでない人がいるのでしょうか?

それは、ずばり、セルフイメージの違いが原因です。


セルフイメージとは、自分がどんなことをする人かと言う「思い込み=固定観念」のことです。


商品やサービスを提供するにあたって、自分はどんな営業担当なのかという役割意識のことです。


それにお氣づきでしょうか?

 

そんな事、考えた事もなかったと言う方が多いのではないでしょうか?


成績の上がらない営業担当者のセルフイメージは、自分中心です。

本音レベルで、自分が生活するため、家族を養うために仕事をしている。


できる営業担当者は、お客さんの悩みや困りごとを解決するために仕事をする。

常にお客様中心思考、お客様第一主義に徹しています。


例えば、

あなたのセルフイメージが、


私の仕事は、商品説明をする事だ。

   〃  他社との商品の違いを説明する事だ。

   〃  モデルハウスの説明をする事だ。

   〃  契約(売上)を上げる事だ。

私の仕事は、キャンペーンの特別価格を利用して売る事だ。


また、

私は、話をする事が苦手で接客業に向いていない。

私は、お金を稼ぐことに罪悪感がある。

私は、生活のために仕事をする。 私は、この会社の価値観と合わないので能力を発揮できない、辞めたい。

等々


こう言った自分中心思考や仕事に違和感を感じているセルフイメージを変える事ができたら営業は楽しくなります。


努力しているのに成果が上がらないので何とかしたいという氣持ちがあれば、セルフイメージを変えられる時代になりました。


さて、具体的にどんなセルフイメージを持てば、お客さんに頼られ、紹介を頂ける営業担当者になることができるのでしょうか?


参考書籍

📷なぜ『セルフイメージ(思い込み)』を変えるだけで問題が解決するのか? Amazon

0回の閲覧

ミラクル・ハピネス 浜松校

​ご質問・相談無料
電話:090-3485-6819
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
  • ミラクル・ハピネス
  • Instagramの社会のアイコン
  • Google+のソーシャルアイコン
  • ameblo

© 2018.10.29  by ミラクル・ハピネス  浜松校  copyright